病的な眠気の程度を調べる自己診断テスト

SASは、本人が自覚しにくいため、まず眠気の程度が病的であるか次のようなテスト で自己判断を行ってみてください

状況 点数
1. 座って読書しているとき 0-1-2-3
2. テレビを見ているとき 0-1-2-3
3. 他人の人もいる公共の場所で動かないで座っているとき  0-1-2-3
4. 他の人が運転する車に乗せてもらって、1時間くらい休憩なしでずっと乗っているとき 0-1-2-3
5. 事情が許せば、午後に休息をとるために横になっているとき 0-1-2-3
6. 座って人とおしゃべりしているとき 0-1-2-3
7. お昼ごはん(アルコールは飲んでいないとして)の後に、静かに座っているとき 0-1-2-3
8. 車を運転中に、渋滞や信号待ちなどのために数分間止まっているとき 0-1-2-3

0:うとうとする(居眠りをする)ことは絶対にない
1:ときどきうとうとする(居眠りをする)ことがよくある
2:うとうとする(居眠りをする)ことがよくある
3:だいたいいつもうとうと(居眠りを)してしまう


-------------------------------------------------------------

合計11点以上の人は病的な眠気があると考えられ、その原因の1つとしてSASの可能性があります。
ただし、合計10点以下でも家族から睡眠中の呼吸停止や大きないびきを指摘されたり、
日中強い眠気を感じたことがある人は、SASの可能性があります。