睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)とは、睡眠時に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続的 に繰り返される病気です。
その結果、十分に睡眠がとれず、@日中強い眠気を感じたり居眠りがちになる。A集中 力や活力に欠ける。B漫然運転や居眠り運転による事故を起こしやすくなる。など、日 常生活に支障を及ぼします。
医学的には、呼吸が10秒以上停止する無呼吸の状態が睡眠中に30回以上生じるか、 睡眠1時間あたり無呼吸が5回以上生じるものをいいます。

SASに関する症状
SAS患者には、主に次のような症状がみられます。

SASに伴う合併症
SASになると、睡眠時に呼吸が止まっているため血液が固まりやすくなり、狭心症, 心筋梗塞,脳梗塞など重大な合併症を引き起こすおそれがあります。 また、糖尿病,高血圧,高脂血症,動脈硬化,不整脈,逆流性食道炎のおそれもあります。

SASによる事故
これまでの色々な研究によれば、SASによる居眠り運転で発生する事故は、特に ひとりで運転中,高速道路や郊外の直線道路を走行中,渋滞で低速走行中,朝8時 に多いといわれています。また、重症のSAS患者による事故は、短期間に複数回生 じることも少なくないといわれています。 アメリカの調査によれば、SAS患者の事故率は、健康な人の約7倍というデータが 出ています。