OSAS治療の流れ

簡単な問診

・「いびき」をかくか、呼吸が止まるかなど。

    ↓

スクリーニング

・眠気テスト(ESS)

    ↓

簡易式検査

・こ自宅にて簡易ポリグラフのセンサーをつけて無呼吸を測定(当センターにて機械貸出)

    ↓

眠気ポリグラフ検査
(20:00頃からの検査入院)
・睡眠中の呼吸の状態、血液中の酸素濃度、脳波、心電図、眼球の動きなどを詳しく調べることで 睡眠の質や深さを検査(必須)。

    ↓

診断

    ↓

治療

・こ自宅にて簡易ポリグラフのセンサーをつけて無呼吸を測定(当センターにて機械貸出)
CPAP(内科) 睡眠時に鼻マスクを装着。一定圧力空気を送り込んで気道を確保する。
マウスピース(歯科) 睡眠時に装着。下あごを前方にだして気道を確保する。使えない人もいる。保険適用。
外科的な手術(耳鼻いんこう科) 子供や特定の成人で扁桃腺などが気道をふさいでいる場合は切除。
減量(管理栄養士など) 食生活の指導で肥満を解消すると症状が改善し、消える可能性もある。

無呼吸指数(AHI)20以上は保険適用で月一回の通院が必要。